Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
田代教室での勉強会


月に一度、京都での勉強会の日。

田代先生の教え
書き写したり覚えることを一生懸命するのではなく、自分の頭で考えること

田代先生はヘモグロビンを指輪をしている指に例えて、解りやすく説明してくださった。

指部分がタンパク質で、働きが終わったらアミノ酸まで分解されて、またタンパク質の材料となる。
指輪の石の部分が鉄で、酸素交換に使用される。
輪っかの部分に色素があり、酸素交換が終わったら働きを終え尿や便に排泄される。だから尿や便は黄色い色をしている。

わかりやすい!

タンパク質がアミノ酸に分解されるのは、酵素がはたらくからで、その酵素も代謝により作られている。
もし、その酵素を作り出すことができなかったり、酵素がうまく働かなかったりしたら、そうだよね。健康ではいられなくなる。
私たちの体の中では常に代謝が行われていて、ダイナミックなエネルギー活動が常に行われている。

ホルモンは受容体に正常にはまってこそ働く。
体の組織が異常化し癌になる前の状態になると、ビタミンAの受容体が増え、そこにビタミンAを与えると、細胞は癌化しない。
ビタミンA受容体は、細胞が癌化してしまうと量が減り、ビタミンAを与えても癌化は止められない。
遺伝子の読み違いなどで、異常な細胞はしょっちゅう作られているけれども、異常をくい止める働きが備わっている。

健康でいるということは、ものすごく複雑なことを体が勝手に正確に行ってくれているからで、生きてるだけですごいことなんだと、改めて体の中には、壮大な宇宙が広がっているように感じた。


田代先生と一邊先生からのホワイトデー
posted by: ひまわり | アロマ | 17:35 | - | - | - | - |